頭の上部分の髪がペタンコになっているうえに分け目の部分が広くなっていた

私の育毛の体験談


私にとって髪の悩みといえば、子供の頃からずっと髪の毛の量が多すぎる事でした。

三つ編みにしたら綱引きの綱の様になり、ポニーテールにしたら本物の馬のしっぽ、重すぎて肩がこる、雨の日は膨らむなどとたくさんの悩みを抱えていました。

しかし大人になって美容室に行くと、美容師さんや周りのお客さんに髪が多いことを羨ましがられるようになりました。

皆さんの話によれば、出産のたびに髪の毛が抜け、どんどん少なくなってきたそうで。

その時すでに1人子供がいた私は、妊娠中も産後も抜け毛が増えたという実感がなく、周りからも何も言われなかったので、自分は大丈夫だったと安心しました。

それから2人目の子供を産み、3人目を産みました。3人目を産んだのは、30歳のときでした。

ある日、前の日にそうじしたはずのお風呂の排水口が流れにくくなっていました。「ん?おかしいな…。」とおもい、恐る恐る見てみると…、真っ黒な塊が詰まっているではありませんか。

そうです。私の抜け毛が詰まっていたのです。

今日は偶然こんなに抜けたけれど、たまにはこんなこともあるだろうと、あまり気にしないことにしました。

ところが次の日も、また次の日も私の抜け毛はお風呂の排水口に溜まります。

これが美容師さんが言っていた産後の抜け毛かも知れない、と不安になりました。

どの辺の髪の毛が抜けたのか、鏡で確認してみることにしました。

しかし、とくにどこかにハゲができているわけではなく、ドキドキしながら鏡を見た私は少しホッとしました。

その時は何も対策を取らず、忙しい毎日に抜け毛のことは忘れてしまいました。

それから半年くらい経ったある日のことです。私は免許証更新のため、写真を取りに行きました。

その写真を見たときのことは忘れられません。思わず5年前に撮った免許の写真と見比べました

。…これは、酷い。頭の上部分の髪がペタンコになっているうえに、分け目の部分がひろくなっていたのです。

これはまずい、何かしなくては、とインターネットや本で抜け毛が減る方法を調べました。

それから2週間くらい抜け毛対策を調べたわたしは、何か頭皮に良さそうなケアを片っ端から試しました。

今でも抜け毛に良さそうなテレビCMがあっていると、ついついその商品を試したくなります。

もっと早く抜け毛対策を始めていたら、もう少し髪が多かったかも知れません。なるべく早く頭皮ケアを始めるべきでした。



若々しくかわいらしい大人の女性になれるよう育毛をがんばりたい